WorkToLife

ノマドライフとミニマルライフ。のんびり更新していきます。

目の前のことをがむしゃらに取り組む*渡辺謙さん×山中教授の対談を見て。

テレビ番組「SWITCHインタビュー達人達」で、俳優の渡辺謙さんとIPS細胞でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授の回を見ました。京都大学にあるIPS細胞研究所と、京都の二条駅近くにある映画館での対談でした。対談はその人の人生観や考え方を知ることが出来ます。

 

目次

 

渡辺謙さんと山中教授のこと。

渡辺謙さんはとても有名な俳優ですが、「ラストサムライ」でハリウッドデビューをしたのが40歳の時でした。40歳で日本を飛び出して、海外でやっていくエネルギーがすごいです。最初は英語も分からなくて、苦労したそうです。

 

山中教授はIPS細胞を開発してノーベル賞を受賞された方です。現在は京都大学でIPS細胞研究所所長として、IPS細胞を臨床応用する(治療に使う)ための研究をされています。趣味がマラソンで、鴨川を走っているそうです。

 

世界で活躍する二人が語る英語。

f:id:lifehabit:20160504140840j:plain

山中教授は30歳の時に初めてアメリカに行かれたそうですが、今も英語が弱点だと話していました。自分の分野のことを講演などで話すことは大丈夫だけど、日常のコミュニケーションで困難にぶつかるそうです。

 

これに対して、渡辺謙さんは英語は道具だとおっしゃっていました。道具である英語にどう表現をのせていくかが大事。だから英語を話すことが目的だとダメで、何かの目的(日本の文化を海外に伝えたいとか)を達成させるために英語が必要となったら身に付く。自分の気持ちを伝えるためにはたくさんの形容詞が必要で、もどかしさを感じる。

 

渡辺謙さんは「英語は雪と一緒。気がついたら積もっているけど、気がついたらぱーっと消えている。それをしゃあないと受け取ることも大事。」と。英語を身につけないと、英語を喋られるようにならないと…と英語に執着していない感じでした。これは英語を目的ではなく、道具であると思っているからこそだと思いました。

  

ある時からビジョンがなくなった。

f:id:lifehabit:20160504141054j:plain

こちらは渡辺謙さんの言葉でした。ある時からビジョンがなくなり、ただ目の前のことを一生懸命に取り組むようになったそうです。「目標を決めると、そこにしか行けない気がする」と。ただただ興味があるほうに進んできたそうです。だからこそ、40歳でハリウッドデビューを果たせたのかもしれません。

 

山中教授もIPS細胞を開発するまでは同じようにビジョンがなかったそうです。とりあえず、目の前のものを解明させることに必死で取り組んでいたそうです。しかし、IPS細胞を開発したことで、IPS細胞を臨床応用したいという具体的な目標が出来て人生が変わってしまったと話されていました。自分の生き方はこれでいいのか?ゴールを決めると自分をセーブしてしまっているのではないか?と考えたことも。

 

そんなお二人でしたが、最後には「ビジョンを持って、それに向かってハードワークをすること」が大事だと話されていました。渡辺謙さんもビジョンがないと話していましたが、山中教授が「謙さんのビジョンは最高の役を、最高の場所で、最高に演じることだ。また、日本人はハードワークをするのは得意だけど、ビジョンを持つのが苦手な傾向にある。ちょっと届きそうにないビジョンを持つことが大事。」と話されていました。

 

この「ちょっと届きそうにない」というのがポイントだと思いました。達成出来るだろうというビジョンだと山中教授が悩んでいたように自分をセーブしてしまう可能性があります。

 

目の前のことをがむしゃらに取り組む。

f:id:lifehabit:20160504143641j:plain

渡辺謙さんはビジョンを持ち続けて、それに向かって一つ一つ目の前のことに必死に取り組んだ結果、昔抱いていたビジョンを達成してしまったのではないかなと思いました。だからこそ、今はビジョンがなく、目の前のことにだけ集中して取り組むことが出来ているのではないかと。

 

一方で山中教授はゼロから1を生み出すという途方もないことに向けて、ただただ目の前のことをがむしゃらに取り組んだ結果、IPS細胞というビジョンに出会うことが出来たのではないでしょうか。

 

お二人とも自分の興味があること、目の前にあることをがむしゃらにやってこられたんだなというのが伝わってきました。

 

対談を振り返って。

f:id:lifehabit:20160504144036j:plain

山中教授は一つ一つの言葉を丁寧に紡いでいくような話し方でした。渡辺謙さんは関西弁を交えながら、ユニークに話されていました。俳優の仕事をこんなふうに表現していました。

俳優の仕事は誰かの人生を代わりに演じている。夢であり、虚構である。けど、誰かの気持ちを暖かくすることが出来る仕事だ。

  

渡辺謙さんの最新作は「追憶の森」で、すでに映画館で公開されています。自殺をしようと樹海にやってきた主人公アーサー(マシュー・マコノヒー)が、タクミ(渡辺謙)と出会い、不思議な体験をしていきます。

樹海で起きたすべての出来事が1本の奇跡の糸で結ばれる

映画『追憶の森』公式サイト 4.29 Friより

追憶の森 THE SEA OF TREES