WorkToLife

ノマドライフとミニマルライフ。のんびり更新していきます。

3ヶ月独学で簿記2級に合格した勉強方法。数学力よりも必要なものがある。

簿記を独学で勉強してみようと思っている人の参考になればと思い、書いてみることにしました。私は日商簿記2級、3級をそれぞれ3ヶ月ずつ独学で勉強して取得しました。そのスケジュールや勉強方法です。大学生の時に取得しましたが、大学の専攻は経営学部とか経済学部とかではない文系学部でした。このため、高校以来の数字に触れる機会でした。

 

目次

 

合格までのタイムスケジュール

f:id:lifehabit:20160105103049j:plain

日商簿記は6月・11月・2月に試験が実施されています。私は11月に3級を、2月に簿記2級の試験を続けて受けました。勉強を始めたのは、それぞれ約3ヶ月前です。大学生だったので、授業に出たり、旅行に行ったり、アルバイトをしたりしながらでした。

 

使用したテキスト

本屋でパラパラ見て、なんとなくピンときたものを選びました。(猫が好きというのもあるのですが...)ですが、分かりやすくて3級も2級もこちらのテキストを使用しました。

スッキリわかる 日商簿記2級

商業簿記 第7版 [テキスト&問題集]

(スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる 日商簿記2級

工業簿記 第4版 [テキスト&問題集]

(スッキリわかるシリーズ)

合格するための過去問題集

日商簿記2級 '16年2月検定対策

(よくわかる簿記シリーズ)

3冊買って4,000円ちょっとです。資格スクールに通うとその10倍以上かかります。またテキストと過去問はそれぞれ1冊だけに絞って、繰り返し勉強することで身に付きます。

 

簿記の勉強方法

f:id:lifehabit:20160107171207j:plain

勉強方法と書きましたが、ただシンプルに以下の2点だけです。繰り返し同じテキストを読み込み、同じ問題を何度も解くことで理解が深まりました。

 

1.テキストを徹底的に理解する。(2ヶ月)

まずはテキストをじっくりと読み込みました。私が使用したテキストには、1〜3ページごとに1つのテーマが載っています。それを読んで理解し、後ろにある問題を解きます。分からなければ、また前のページに戻り、読み込みます。これを焦らずじっくり1つずつ行います。ここでそれぞれを覚えられなくても理解することが大切です。簿記では仕組みを理解出来ていることが重要です。

 

2級の場合は日商簿記と工業簿記と2冊のテキストがあるので、結構な時間がかかります。でも、ここをじっくり行うと後が楽になります。

 

 

2.過去問を解く。(1ヶ月)

テキストを一通り終えたら、次は過去問を解いていきます。こちらも同様に間違えたら、何が違うのかを必ずテキストに戻って探します。2ヶ月間テキストをじっくり読み込んでいれば、すぐに何を間違ったのか理解出来ます。私は過去問題集を3回解きました。

 

簿記に必要な能力。 

f:id:lifehabit:20160107172020j:plain

簿記と言えば、数字に計算ですよね。数字に苦手意識がある人は、見るのも嫌!となりそうですが、実際の計算はとても簡単で、それよりも文章の読解力が必要となってきます。簿記の仕組みを理解できているか、問いの内容をちゃんと理解できているかがポイントになります。数学が苦手だという人も十分独学で取得出来ると思います。私の夫も数学が大の苦手ですが、同じ方法で簿記3級に合格しました。 

スッキリわかる 日商簿記3級

第6版 [テキスト&問題集]

(スッキリわかるシリーズ)

合格するための過去問題集

日商簿記3級 '16年2月検定対策

(よくわかる簿記シリーズ)

 

▼簿記関係のトラコミュです。

独学で目指せ合格!
簿記検定