WorkToLife

ノマドライフとミニマルライフ。のんびり更新していきます。

【物を減らせない人へ】モノを手放す3つの基準。

ミニマルライフ、持たない暮らし、ミニマリスト、断捨離・・・モノを持たない暮らしに憧れている人も多いと思いますが、モノを手放すのをためらう人も多いのではないでしょうか。私も何度も手放すことが出来ずに立ち止まりました。

 

目次

 

モノを手放すのは難しい。

ミニマルライフを送るためにはまず、身の回りにあるたくさんの不要なモノを手放さないといけません。でも、一度手に入れたものはなかなか手放せないものです。「これ高かったし・・・」「これはプレゼントしてもらったから・・・」と手放さない理由がたくさんあります。でも、本当に自分の側に置いておきたいものなのかと考えると、NOであるものが多いです。

 

失いたくないと思う気持ちは、欲しいと思う気持ちより2倍強い

スマートサイジングより

 

モノを捨てるのは後ろめたいこと?

f:id:lifehabit:20160101135412j:plain

ミニマルライフに向けて、モノを減らそうと思ってもなんだか後ろめたいことをしているような、無駄遣いをしているような、そんな気持ちになってしまいます。確かに何度も安易にモノを買ってはやっぱりいらなかったを繰り返すのは無駄なことですが、ミニマルライフのスタート地点に立っている人がモノを捨てることは後ろめたいことではないです。どうしても捨てるのが嫌な人は、使える物はリサイクルショップに持っていったり、寄付したりしましょう。

 

モノを手放す基準。

持っている物を減らすということは、何を残して、何を手放すのかという選択を迫られます。しかも、手放した後に後悔はしたくないものです。では、どういった基準で手放したらいいのでしょうか? ここでは3つの基準をご紹介します。

 

1.忘れていたものは手放す。

たとえばクローゼットを整理していたら奥から着ていない服が出てきました。そういう時は「そういえばこれもあったんだ!まだ着れるかな?」などとは思わずに、手放しましょう。忘れていた=大切なものではない、使っていないものです。

 

2.迷っているものは手放す。

残したいものは即決出来ることが多いです。逆に迷うのは、何か不満なことがあるのではないでしょうか。「この服のデザインはとっても好みだけど、自分には似合わない…」など持っていても使わないものの多くは、使い勝手が悪いなど不満点があるものです。そういうものは手放しましょう。代わりに、デザインも使い勝手も良いものを探しましょう。

 

3.忘れたいものは手放す。 

忘れたい過去が物として残っていませんか?昔の彼氏・彼女にもらったもの、前の会社で使っていた書類、今はやっていない趣味の道具など。 これらは私も残していました。でも、物を見てしまうと思い出してしまいます。前に進もうとしている自分を引き止めてしまいます。これらは残らず処分しましょう。私も処分してスッキリとしました。

 

後悔を恐れない。

f:id:lifehabit:20160101135615j:plain

物を手放す時に一番思うのは「これ捨てて後悔しないかな?」です。いつか使うかもしれないという小さな可能性にかけてしまいたくなります。でもその”いつか”が訪れることはほぼありません。万が一手放した後に後悔しても、勉強出来たと思いましょう。自分には何が必要で何が不要なのかは手放して気付くこともあります。

 

モノを捨てれば捨てるほど、自分にとって不必要なモノが認識できるようになってきます。

シンプルを極めるより

 

 ▼記事の中で引用した本。

スマートサイジング

[ タミー・ストローベル ]

 

シンプルを極める

[ ドミニック・ローホー ]

 

▼ミニマルライフへのヒントがたくさん載っています。

シンプルで豊かな暮らし
すっきり暮らす
断捨離でゆとり生活