WorkToLife

ノマドライフとミニマルライフ。のんびり更新していきます。

なぜミニマルライフを選ぶのか。ミニマルライフがもたらす3つの幸せ。

ミニマルライフ、持たない暮らし、ミニマリスト、断捨離・・・モノを持たない暮らしが注目を集めています。テレビではモノが少ないことにフォーカスされていますが、モノを減らすことで得られる幸せがあります。

 

目次

 

ミニマルライフとは?

自分にとって本当に必要なものだけを選択していくライフスタイルです。モノを厳選することで、自分にとって大切なことに集中できます。

 

本当に大切なことだけにフォーカスして自分の人生を取り戻す

minimalism 30歳からはじめるミニマル・ライフより

 

ミニマルライフがもたらす3つの幸せ。

 モノを手放すと、逆に得られるものがあります。

 

1.自分の時間を好きなことに使える。

f:id:lifehabit:20151230114604j:plain

モノを減らすと、掃除や片付けの時間を削ることが出来ます。その節約出来た時間は、自分の時間です。資格の勉強をしてもいいし、趣味の音楽を楽しんでもいいし、家族団らんの時間にしてもいい。より多くの時間を自分の好きなように使えます。

 

そもそも時間というものは、私たちがリラックスし、機嫌よくやさしくなるために役立ってほしいもの。

屋根ひとつお茶一杯より

 

2.嫉妬という感情を手放せる。

f:id:lifehabit:20151230113804j:plain

 FacebookやインスタグラムなどのSNSが広がったことによって、他人の生活が見えるようになってきました。そのため投稿されているのを見ると、「友達はこんなにも充実した生活を送っていて羨ましいな」という嫉妬のような感情が芽生えてしまいます。

 

でも、モノを手放すことで自分にとって大切なものが見えてきます。自分の基準で選んだ自分の暮らしは他の人と比べようもない素敵なものになるはずです。

 

自分より望ましい状態にある人と自分を比べることをすると、自尊心が低下したり、落ち込んだり、悩んだりしてしまうことがわかっている。それに、いくらうらやんだところで幸せにはなれないというのも立証されている

スマートサイジングより

 

3.将来への不安が減る。

f:id:lifehabit:20151230113817j:plain

小さな暮らしをしてみると、なくても大丈夫なものが多いことに気がつきます。あれもこれもないと生活出来ないという人よりも「これだけあれば、なんとかなる」と思えたら、将来の不安も小さくなります。

 

ものへの執着が減ると、私たちは「なんとかなる」と考えるようになり、将来の心配も減っていきます。

屋根ひとつお茶一杯より

 

ミニマルライフがもたらすモノは大きい。

暮らしを小さくしていくミニマルライフですが、 目に見えない心の豊かさや充足感は大きくなっていきます。モノを減らすことで自由な時間が増え、周りの人に合わせてやっていたことを止めれば、心が軽くなります。モノを減らした先にあるものを考えると、ワクワクしてきませんか?

屋根ひとつ

お茶一杯 魂を満たす

小さな暮らし方

minimalism

~30歳からはじめる

ミニマル・ライフ 

スマートサイジング

 ▼ミニマルライフへのヒントがたくさん載っています。

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし